UR ONLINE STORE
/
2020.12.03
今季はホワイトカラーのスタンドダウンが新鮮!
上下トーン合わせで、インナーにインパクトのあるモヘアセーターで個性を出しました◎

以下、イエティの説明になります!

アウトドアとライフスタイルを独自の視点で融合させた欧州発信のウエアブランド 『YETI』

80年代後期にあったデザインを現代的にアップデートした最上級のダウンを使った至極のダウンジャケット
【 NORDIC DOWN JACKET 】

【ディティール詳細】
1988年にグローバルライン(海外で流通しているインポートのデザイン)から発売された1stモデルのデザインを踏襲し、現代的にアップデートとした[YETI]の新定番モデルです。
表面には、耐久性に優れ、撥水機能を備えたコットンナイロン素材を使用しています。心地の良さや柔らかな印象を与えるコットンライクな表情とシャープな素材感が特徴です。内部には、高い断熱性をもち最高級品として知られているクリスタルダウンを惜しみなく使用しています。たっぷりとしたダウン量による高い保温性に加え、ハンドウォーマー付きのポケット、大容量の内ポケット、取り外し可能なフードなど機能面も充実した[YETI]渾身のダウンジャケットです。
温かみのある表情と北欧をイメージさせる洗練さを併せ持ったシンプルなデザインは、幅広い年代のお客様から多様なスタイルに違和感なく溶け込みます。


クリスタルダウンとは?

自然が生んだ保温素材・ダウンは、どんな人工素材よりも軽く、柔軟で、断熱性に優れています。
なかでも厳格な倫理規定に従って採取され、最高水準の品質を誇るダウンを、Yetiでは「クリスタルダウン」と名付け、すべてのダウン製品に使用しています。

■業界トップクラスのフィルパワーと清浄度
フィルパワーとは、羽毛の弾力性(かさ高性)のことで、その数値が高いほど上質のダウンであるといえます。
アメリカ・ソルトレイクシティに本部を置く「国際ダウン & フェザー検査機関」(IDFL)にて測定した結果、Yetiのダウンは最高水準のフィルパワーを記録しました。

そのようなダウンを使用することで、長年使い続けられる、着心地の良いアイテムを作り出すことができるのです。また、ダウンの清浄度も品質を裏付けています。
清浄度(透視度)とは、羽毛原料の洗いの度合いを示す基準で、その数値が高いほどホコリや、臭いの発生源となる土砂・塵埃が少ないといえます。
Yetiのダウンは、製造過程における丹念な洗浄作業により、業界最高水準の清浄度を達成。
クリーンな素材は、身に着けて心地よいだけではなく、不純物が少ないことからダウンの膨らみの良さにも貢献しています。これらの「強さ」と「美しさ」を兼ね備えていることが、「クリスタルダウン」と呼ばれる所以です。

着用アイテム

    • Sonny Label
    • CAL O LINE MOHAIR SWEATER
    • カラー
      RedxBK
    • サイズ
      L
    • 17,600円のところ
      10,560 円 (税込)
      - 40% OFF -
    • Sonny Label
    • Yeti NORDIC DOWN JACKET
    • カラー
      SWスモークホワイト
    • サイズ
      L
    • 66,000円のところ
      46,200 円 (税込)
      - 30% OFF -
    • Sonny Label
    • コーデュロイCPO+シェフセットアップ
    • カラー
      アイボリー
    • サイズ
      L
    • 14,300円のところ
      9,295 円 (税込)
      - 35% OFF -
    • Sonny Label
    • ニットキャップ
    • カラー
      ベージュ
    • サイズ
      one
    • 2,750円のところ
      2,200 円 (税込)
      - 20% OFF -
    • URBAN RESEARCH
    • adidas Originals STAN SMITH
    • カラー
      WHITE
    • サイズ
      27
    • 15,400円のところ
      13,090 円 (税込)
      - 15% OFF -
着用アイテムをまとめ買い
とじる
カラー
サイズ
在庫
お気に入り

YOのその他のコーディネート

  • 2021.01.15
  • 2021.01.14
  • 2021.01.13
  • 2021.01.12
  • 2021.01.11
  • 2021.01.10
  • 2021.01.10
  • 2021.01.09
  • 2021.01.09
  • 2021.01.08
  • 2021.01.07
とじる
とじる
とじる