ROSSO ゆかた展 2024

ROSSO ゆかた展 2024

ROSSO YUKATA COLLECTION 2024
今季テーマは「New retro」 ROSSOの代名詞とも言える
“古典柄浴衣”。
今シーズンはレトロなムードをスタイリングで現代風に解釈し、
日常に溶け込む都会的な提案でお届けします。
洋服も和服も楽しめるようになった、大人の方にこそ取り入れて頂けるラインナップを是非ご覧ください。

イメージ画像
イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像

人気の薔薇柄を、渋い濃淡・白地と疋田地で表現したレトロ感漂う一着。
色数は二つのみに絞り、着用するだけで上級者見えが叶うデザインに。
西洋ムード漂う柄と日本の古典的な技術が合わさった、ここでしか見られないワンランク上の浴衣です。

イメージ画像
イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像

日本では江戸時代以来、草花の朝顔が庶民に人気を博したことから、特に浴衣に多く使用されてきました。
夏を代表する朝顔の花を、忠実に再現している点が評価の高い一着に。
肌を白く明るく見せる紺地は、年齢問わずお召し頂けます。

イメージ画像
イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像

稲の穂を大胆に描き、仕立てた際には絵羽柄に見えるよう計算しつくされた一着。
現代のデザインにはなかなか見られない、昭和初期の傑作柄を黒地で表現した浴衣です。
シャープなラインを配した柄は、昼・夜問わず様々な街並みに溶け込みます。

イメージ画像
イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像

夏の浴衣に多く取り上げられる百合柄を大胆に描き、地を「濡れしごき技法」の疋田詰めで仕上げた、躍動感のある一着に。
やや西洋的なムードを感じさせる柄にはブラウンとピンクを挿し、ファッショナブルでモダンな配色に仕上げました。

イメージ画像
イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像

唐草は古代エジプトの模様が起源と言われ、日本でも古くから吉祥文脈(縁起が良いもの)の一つとして衣装文様に使用されています。
古典的な市松模様をベースに唐草柄をのせた染め技術は、夏着物として着用できる格調高いデザインに。
すっきりとしたネイビーとホワイトの配色で、レトロな柄をスタイリッシュに演出します。

イメージ画像
イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像

本場近江で織り上げられた上質生地「近江ちぢみ」の綿麻を使用し、風合い豊かで見た目にも涼しげな印象に。
「しぼ」の凹凸で空気の層ができ、汗をかいても肌にベタつかずちょうど良い優しい肌触りが特徴です。
さりげなく入った折りの縦ラインが黒の生地を引き立たせ、上品かつ大人の雰囲気が漂う一着に仕上げました。

イメージ画像
イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像

都会的な街並みに近江ちぢみの上質生地と、涼しげでいて大人の気品を感じさせる綺麗な灰が爽やかでクリーンな印象に。
生地の特徴でもある独特な「しぼ」感は一味ちがう風合で、新鮮さもプラスしてくれます。

OTHER

ROSSOではその他にも
多数の浴衣を取り揃えております。
ぜひお気に入りの一着を探してみてください。