ゴキゲンな人ほど着てるのは、PINK PINK PINK!

大人になった今こそ、
素直にピンクを着よう!

大人になったら、モノトーン。
その考えに一石を投じるのが、ピンク♡
着てみると、服も肌も落ち着いてきた今だから、幼く見えない、むしろ程よい“多幸感”を纏えることに気づくはず。
もっと素直に、“大人だから”ピンクを楽しもう!

01

PINK STRIPE ONE-PIECE

肌にスッと馴染むイエローベースのピンクは、カジュアルなシャツワンピースでサラッと着こなすのが魅力的。
緊張感のあるカフス袖が知的で、黒縁メガネを掛ければ、大人の余韻も残せる。

スタイリング画像
スタイリング画像

02

VIVIT PINK SHIRT

瞬発力のあるピンクは、オールホワイトの輪郭をはっきりさせる効かせ色としても頼れる。
手に持っても、肩にかけても、どんな仕草もハートフルに見せてくれます。

スタイリング画像
スタイリング画像

03

BABY PINK CARDIGAN

ピュアなベビーピンクは大人が着ると、とっても可憐。
深いVネックにビターなボタンで柔らかく引き締めれば、光沢のあるスカートも、フリル袖も甘くなりすぎず、ピュアな表情のまま着こなせます。

スタイリング画像
スタイリング画像

04

PINK SATIN PANTS

ボトムスに微量のピンクって、実はヘルシー。
シルエットはハンサムなカーゴパンツだから、気取らず穿いて、ワンマイルしか動かない日の自分も好きになる口実に。

スタイリング画像
スタイリング画像
スタイリング画像
Text:Ayaka Takahashi
Product Direction:Yui Kawano