カバー画像

長く愛せる、あたたかさ。
LAPUAN KANKURITのポケットショール PRE-ORDER

「ラプアの織り手たち」を意味するラプアン カンクリ。
その名の通り、フィンランドの西部にある人口15,000人ほどの小さな町「ラプア」に位置し、
辺り一面が真っ白な雪に覆われる長い冬と全てが輝く一瞬の夢のような夏。
そんな厳しいながらも美しい自然環境で、ラプアン カンクリのテキスタイルは日々織られています。
1973年に創業されたテキスタイルメーカーが長きにわたる専門性を生かし、
暮らしに寄り添うようなテキスタイルをラプアから世界に届けています。

01
MARIA

maria

LAPUAN KANKURIT ポケットショールの代名詞MARIA (マリア)

ウール本来の色を生かしたナチュラルカラーは、着る人を選ばず、どんな洋服にもすんなりと 馴染んでくれる優秀なアイテム。起毛したやや厚手の生地は保温性が高く、お部屋の中はもちろん、外出する際のコート代わりに羽織っていただけます。

02
UNI

maria

北欧の自然をテーマにしたカラーバリエーションのUNI (ウニ)

使い回しの効くベーシックカラーからファッションの差し色になる明るい色まで豊富な4色展開でご用意。発色が鮮やかなカラーはダークトーンになりがちな冬のファッションのアクセントに、淡く明るいカラーは春先のアウターとして◎

03
PALAPELI

palaleli

フィンランド語でパズルを意味し、
大きなブロックチェック柄が印象的なPALAPELI(パラペリ)

ポケットショールの中で一番薄手で軽く、コートの上から羽織ったり、バッグに入れて持ち運んだりすることもできる秀逸なアイテム。目を惹くようなチェックの配色は、コーディネートの差し色にぴったりなデザインです。

MUSVE SHOP TOP