bagjack for URBS

EXCLUSIVE PRODUCTS

オールハンドメイドのbagjackより
唯一無二のプロダクトが登場。

今回で3回目となる“bagjack”とのコラボレーション。
今シーズンの新作から定番の名作まで幅広いラインナップが揃った。
URBS別注だけのデザインも随所に施され、
特に今シーズンは男性が好む無骨で堅牢な逸品に仕上がっている。

Peter Brunsberg(ピーター・ブラウンズバーグ)は東ドイツの国立バレエ団の養成学校でプロのバレエダンサーになるべく訓練に明け暮れていたが、ベルリンの壁崩壊後に職を失う。その後テレビでアメリカ・サンフランシスコのメッセンジャーについて知り、「これなら自分たちにでもできる」と立ち上げたのが、ドイツ初のメッセンジャーサービスだった。プロのメッセンジャーの使用に耐える強さや防水性を確保するという哲学が、独自のクイックリリースシステムと相まって、ファッション業界、メッセンジャー業界で高い評価を得ている。近年はメッセンジャーバッグのみならず、ドイツ軍特殊部隊の装備、ハリウッド映画の小道具開発等に活動の場を広げてきている。

Kinky mollecobra FCB for URBS

完璧なまでの機能性

bagjackの代名詞でもあるメッセンジャーバッグの“kinky”というモデル。13インチのPCがジャストで入り、その他小分けに出来る収納も完備しているため、見た目以上に収納力がある。クイックリリースと呼ばれる独自のストラップシステムや、取り外し可能なターボリン素材のライニング仕様など、プロのメッセンジャー視点からでも完璧なまでの機能性を兼ね備えてる。ショルダーベルトは3点ホールドなので、下部のベルトをメインショルダーの小さいバックルに装着することで、身体にしっかりと装着できる。クイックにそして理想的に身体にフィットするメッセンジャーバッグの完成形だ。

¥63,800 Taxincl.

BUY NOW

今回URBS別注として、通常のbagjackでは付かないリフレクターを付けて、ワンポイントに。またバッグ自体の存在感を出すために、ブランドのピスネームをあえてオールブラックに変更をして、ブランドのアイコン的存在のコブラバックルを贅沢に2つ取り付けた。ライニングに使用されているターポリンは、汚れが目立たなく気持ちよく使えるようダークグレーに変更をしている。フラップ部分はモールシステムを施し、自身でカスタマイズ可能に。そして通常のナイロンに比べて高い強度と耐久性を誇る、high grossyに素材を変更したことで、よりタフで重厚感のある逸品に仕上がった。

B-bag M for URBS

  • B-bag M for URBS
  • B-bag M for URBS
  • B-bag M for URBS
  • B-bag M for URBS

新しいバッグの形

今シーズンから新型として登場したバケツバッグ(B-BAG)。メインの収納部分はドローコードによる開閉式で、開口部は広いため出し入れが容易にできる設計になっている。きつく絞ることでカバン自体のシルエットのアレンジができる。強力なストッパーがあるので、防犯という面でも考慮されている。またマチが広めに確保されているため、見た目以上の収納力がある。

¥50,600 Taxincl.

BUY NOW

今回URBS別注として、通常のbagjackでは付かないリフレクターを付けて、ワンポイントに。またバッグ自体の存在感を出すために、ブランドのピスネームをあえてオールブラックに変更をしている。フロント部分はモールシステムを施し、自身でカスタマイズ可能に。そして通常のナイロンに比べて高い強度と耐久性を誇るhigh grossyとコーデュラナイロンの2種類を使用しているので、重厚感の中に軽やかさも残るよう生地を切り返している。

Hunter bag for URBS

  • B-bag M for URBS
  • B-bag M for URBS
  • B-bag M for URBS
  • B-bag M for URBS

小さな巨人

コンパクトサイズのショルダーバッグは、貴重品+500mlのペットボトルが入るので、日常使用や旅行にベストなサイズ。小さくても本格的なパーツを仕様した妥協のない設計が魅力的である。

¥31,460 Taxincl.

BUY NOW

今回URBS別注として、通常のbagjackでは付かないリフレクターを付けて、ワンポイントに。またバッグ自体の存在感を出すために、ブランドのピスネームをあえてオールブラックに変更をして、フラップ部分にはブランドのアイコンでもあるコブラバックルを装着している。そして通常のナイロンに比べて高い強度と耐久性を誇る、high grossyに素材を変更したことで、よりタフで重厚感のある逸品に仕上がった。