ドレススタッフが選ぶ、
休みの日に着たい「オフ着」

Scene1. Relax / Scene2. Active / Scene3. Town
指差しアイコン
メインビジュアル

仕事ではスーツにネクタイを締めて、革靴を履いて・・・という方も多いのでは?
URBAN RESEARCH DOORSのドレスラインの販売スタッフもその一人。
そんな同じ目線をもったドレス担当者が語る“休みの日に着たい”アイテムやコーディネートとは・・・?

今回の“オフ着”セレクター
指差しアイコン

ハイキングとゲームが趣味という、アウトドアにもインドアにも精通している彼。LIFE STYLE TAILORが誕生して間もない2013年からドレス担当販売員を務める。

スタッフ紹介画像01

最近は料理をすることにハマっており、スタッフに料理教室を開くほどの頼りになるお兄さんキャラ。作る料理はグラタンやパスタなどの洋食はもちろん、和食やスパイスから作るカレーもお手の物。
イケメン・抜群のスタイル・料理男子、誰もが羨むスペックをもっているマルチなスタッフ。

ITEM : Jacket/ Shirt/ Tie/ Pants
スタッフ紹介画像02
H.Nozawa
野澤 英仁
クレフィ三宮店 店長代行

Scene1.“ワンマイル”こそ、今押さえておくポイント

普段背筋が伸びる服を着ているせいか、休みの日に着る服は“リラックス”できるかどうかが大事なポイント。

― ストレッチが効いていて、ノンストレス

家にいる時間が増えて、ちょっとした買い出しにサッと出かけられるような、家着兼お出かけ着の“ワンマイルウェア”を意識的に探すようになりました。

コーディネート画像02

― ポイントは、“リラックスできて、でもだらしなく見えない”というところ

このコーディネートで選んでいるスナップパーカーはスウェット生地で着心地もよく、サッと羽織ることができ、スナップボタンデザインでアウターっぽく着られる。
インナーのポンチ生地のTシャツはシワになりにくく、綺麗見え&清潔感もあります。選んでいるパンツはウエストがゴムで穿きやすく、ナイロン素材で軽くて快適です。

コーディネート画像03

Scene2.ラクだけど、ちゃんと見られたいから“セットアップ”

― 年齢も重ねているので、外に出るときもちゃんと見られたい

でも休みの日にスーツは着たくないので、ある程度きちんと見えるセットアップアイテムは好んで選びます。
さっきのパンツの色違いで、セットアップコーディネートにしてみました。

コーディネート画像02

― ジャケットはナイロン生地で襟なし

程よいラフな感じはありながらも、ジャケットパンツの色が統一されてどこかスマートさがありますよね。

このBurlap Outfitterのセットアップに用いられているナイロン生地は、綿ライクで撥水・軽量・速乾など多機能。幅広いシーンで活躍してくれます。
家ではジャケットを脱いで、ちょっと出かけるときにサッと羽織ることもできるのでワンマイルウェアとしても良いですね。

コーディネート画像03

Scene3.街に出るときは、“キメすぎず”おしゃれに

なんだかんだでショッピングなど街に繰り出す機会もある。

― そんなときはだらしなく見られたくないので、襟があるものを選びたい

でも窮屈な気持ちになる洋服は選びたくないもの。

コーディネート画像02

― このコーディネート1つ目のポイントはジャケット

このジャケットは、ストレッチが効いていて大人カラーかつスマート。CPOデザインのジャケットのような、幼さやカジュアルさもないし、テーラードジャケットのようなキメすぎ感もない。
インナーに合わせているカジュアルなアイテムとの相性も抜群。
パンツはこれまでの2アイテムとは違って、センタープレスが入っているのでグッと清潔感が増します。

― 2つ目のポイントがシューズ

ローファーデザインのスニーカーで、長時間の移動が楽ちんです。

コーディネート画像03
着用商品一覧へ