UR ONLINE STORE
LOWERCASE  Yoshikage Kajiwara SPECIAL INTERVIEW

LOWERCASE Yoshikage Kajiwara SPECIAL INTERVIEW

クリエイティブディレクター 梶原由景氏が語る、
「日常の気づきを具現化するということ」Vol.2

LOWERCASE×POET MEETS DUBWISE

LOWERCASE×Gramicci

全3回でお送りするインタビューの第2回目。
前回の「LOOPWHEELER x LOWERCASE」に続いて、今回は「LOWERCASE×POET MEETS DUBWISE Another Trip T-Shirts」と「LOWERCASE×Gramicci 4way Stretch パッカブルショーツ」について伺っている。
別注商品が出来上がるまでのストーリーとこだわりは必見である。

梶原 由景
梶原 由景(Yoshikage Kajiwara)
1965年生まれ。「ビームス」を経て独立し、クリエイティブディレクターとして活躍。2015年11月、藤原ヒロシ 氏とコンテンツサイト「Ring of Colour」を立ち上げたほか、近年はアパレル関連企業の新規事業のコンサルティングに携わる。
村手 謙介
村手 謙介(Kensuke Murate)
URBS(アーバンリサーチ バイヤーズ セレクト)ブランドマネージャー。 学生時代からアーバンリサーチに勤務。現在はメンズバイイング・商品企画など様々な業務を担っている。

1 + 1 が“2”以上ではないと提案する意味がない

ITEM03 LOWERCASE×POET MEETS DUBWISE Another Trip T-Shirts

梶原:Another Trip Tシャツは、「SILENT POETS(サイレント・ポエツ)」の下田法晴さんが、ご自身のグラフィックアートを表現したアパレルラインを立ち上げられたので、何かご一緒にできないかと思い今回別注をさせていただきました。

僕自身がURBSで展開している「Travel Couture by LOWERCASE」は旅に必要なトラベルスタイルを提案するプロダクトなので、何か旅に関してフューチャーしたいと考えていました。
そして下田さんが作られているプロダクトは、曲名や歌詞の単語が入っていたりします。旅に因む単語を考えたときに、下田さんのレーベル名が「Another Trip」だったのでこちらに決めました。

LOWERCASE×POET MEETS DUBWISE Another Trip T-ShirtsPrice_¥6,380 (tax incl.)
シンプルな「Another Trip」のフォントやデザインは大人が着てもカジュアル過ぎないデザインに仕上がっている。

村手:梶原さんは以前から下田さんとお知り合いだったんですよね。LOWERCASEのロゴやグラフィック関係は下田さんに依頼しているとお聞きしました。

今回のTシャツは、後ろにうちのロゴが入っていてインラインとは差別化しています。個人的にフォントの繊細さがとても好きです。

梶原 由景氏

村手:例えば大人っぽくまとめたいと思っていても、ゴシックで太めなフォントを選んでしまうとストリートの雰囲気が強くなり着こなしが難しいです。
この絶妙なバランスが下田さんならではですし、梶原さんのアイディアによってプラスα上乗せをすることで、インラインでは展開がなかった新しいモノになりましたよね。

梶原:今後の展開としては下田さんができなかった企画の中に、面白いと感じたアイディアがあったので現在進めています。

企画をする上で1 + 1が“2”以上ではないと提案する意味がないと考えてます。
LOOPWHEELERに初めてオーダーした時はボーダーだったのですが、ボーダーは裏の糸が表に出ると綺麗なボーダーにならなかったんですね。ですが無理を言って納得のいくクオリティに仕上げていただきました。
別注商品は、LOOPWHEELERのタグのネームにLOWERCASEの刺繍がしてありますが、長く愛用しているとほつれてなくなってしまうこともあります。いつかLOWERCASEがなくなってLOOPWHEELERだけが残ったとしても、インラインに引けを取らないクオリティを提案するという思いで、毎回取り組んでいます。

下田さんとの企画もそういう意識で取り組んでいますし、下田さんと話をしていると彼が表現しているグラフィックで面白いと感じる作品がたくさんあるのですが、世に出ていないモノがあったりするので、そこに我々が入って世に提案していきたいと考えています。

オススメの着こなし

村手:1枚でサッと着ても合うと思いますし、ジャケットとセットアップで大人っぽくまとめるのもオススメです。

自分が好きなモノを着る

ITEM04 LOWERCASE×Gramicci 4way Stretch パッカブルショーツ

村手:こちらはLOWERCASEとGramicciとの第3弾です。今回は素材にドライタッチのナイロンストレッチを採用しているので、汗をかいてもさらっとした肌触りが続きます。
企画の段階で昨年の暑さの話になり、昨年は10月くらいまで暑い日が続いていたので、ショーツを利用する機会が多くありました。その際に太ももの裏のベタつきが気になったことが理由にあります。
シルエットはゆったりとしているので、リラックス感がありますね。
先ほど紹介したポケットTシャツ(LOOPWHEELER x LOWERCASE ヘヴィウェイト吊り天竺ポケットTシャツ:インタビューVol.1に登場)もゆったりとしたシルエットなので、合わせてもらえるとリラックスした雰囲気になると思います。

LOWERCASE×Gramicci 4way Stretch パッカブルショーツ Price_¥9,900 (tax incl.)
ゆるめのシルエットにパッカブル使用でウエストバッグや鍵などを装着できるベルトループを追加。素材はドライストレッチナイロンを採用しているので、汗を逃して夏でも快適に過ごすことができる。

村手:また通常1つのベルトループを右と後ろにも追加をしています。鍵などをひっかけて使用したりすることが可能なのと、後ろに追加したことでウエストポーチなどを付けることができます。あとはロゴをホワイトに変更をして、都会的な印象に仕上げました。

梶原:通常の色は目立ちますし、黒にすると埋もれるので白が個人的には好きですね。

梶原 由景氏

村手:Gramicciは様々なメーカーも別注していますし、幅広い層の方が使われているので一般的な印象があります。梶原さんの身に付けているブランドも様々で、Gramicciのようなたくさんの人に好まれているブランドも長年愛用されていたりしますよね。

梶原:自分が好きなモノを身に付けています。価格帯問わず良質なプロダクトはありますし、その中の日常での気づきや思うことを企画には反映するようにしています。

村手:そういった姿勢がたくさんの人に支持されている理由なのですね。

オススメの着こなし

村手:LOOPWHEELERのTシャツにNEW BALANCEのようなボリュームのあるシューズが相性良いと思います。

村手:またTシャツもそうですが、満を持してこの後に登場する「Engineered Garments×LOWERCASE」の白のオックスフォードシャツなどでベーシック同士を組み合わせることもオススメです。普段使いするモノなのにオシャレさが出るのは、絶妙なこだわりが詰まっているからなんですよね。

梶原:夏ならTevaのサンダルなども良いですね。レザーのサンダルにすることで少しアウトドアの雰囲気を抑えて普段使いができます。

NEXT INTERVIEW

NEXT INTERVIEW

次回は、今期満を持して登場する「Engineered Garments×LOWERCASE」について、シャツの通常発売に合わせて公開予定。LOWERCASEとの別注企画は、梶原氏の日常で思うアイディアや気づきから生まれる自身が“欲しい”と思うモノが揃っている。それは生活者視点で全て考えられているので、私たち使う側の“欲しい”と共通するのだ。ぜひLOWERCASEから生まれた逸品をワードローブに加えてみてはいかがだろうか。

LOWERCASE 商品一覧はこちら
とじる
カラー
サイズ
在庫
お気に入り
ログイン 閲覧履歴 HISTORY もっと見る
新着アイテム一覧 NEW ITEM ランキング一覧 ITEM RANKING カテゴリ一覧 CATEGORY ショップ一覧 SHOP ブランド一覧 BRAND 特集一覧 FEATURE スタイリング一覧 STYLING ニュース一覧 NEWS
ステータス
在庫の有無
ショップから探す
価格から探す
カテゴリから探す
アイテムから探す
サイズから探す