UR ONLINE STORE

Let's Go
to Camp

EKALがこのおすすめする
キャンプスタイル

EKAL SPRING CAMPING STYLE

四季折々のキャンプの提案を皆様に。今回は春のキャンプをご紹介します。
繰り返しになるかもしれませんが、キャンプのハイシーズンは【夏】です。
春はビギナーにオススメの季節といえます。春の穏やかな気候は過ごしやすいのもポイント。
人の多い場所は避け、自然と共にゆっくりとした時間をカップルで、家族で過ごしてみませんか。
今回蓼科から飛び出しお邪魔したのは、日本で最大の面積と貯水量を持つ【琵琶湖】のほとりに
あるレジャー施設【白ひげ浜水泳キャンプ場】

Cooking

春の旬をいただく

Scene.01

日本最大の湖である琵琶湖は海と見分けがつかない程の大きさに圧巻されます。
その湖のほとりにある白ひげ浜キャンプ場。松に囲まれた湖のほとりでキャンプを楽しむことができます。
近年のキャンプ場にはレンタル用品なども充実しているので、ギアも持っていなくても楽しむことができます。
また春の魅了として食は外せません。ビギナーの方がギアを集めるときにも食に関するアイテムが多いのではないでしょうか。
自分だけのギアが少しずつ増えていくのも楽しみの一つです。

※春は朝晩の冷え込みもあるので防寒対策はしっかりととりましょう。

  • Point.01

    春が旬の初鰹などはいかがでしょうか。火を使わずさっと作れるのも魅力。より香ばしくするにはたき火や炭でさっとあぶってから盛り付けすれさらに風味がまして〇。

  • Point.02

    春が旬の筍を使った筍ごはん。ごはんにオススメのギアとして【メスティン】をご存じでしょうか。ごはんといえばハンゴウをイメージされるかもしれませんが、近年このメスティンが主流になりつつあります。アルミ製で熱伝導が高いことや、スープ、蒸し、パスタなど様々なことに使える万能アイテムです。メスティン専用の料理本が発売されてたりもします。 値段もお手頃なのでビギナーにはおすすめのアイテムです。

STYLING.01

紙糸から作られたWaClothファブリックを使用したデニムシャツは、べとつき、ムレなどを軽減する効果があるので、キャンプシーンにはぴったり。

スウェットパーカーとボーダーワンピースを組み合わせたリラックスしたスタイル。料理をする時は動きやすいコーディネートがいいですね。

Cycling

琵琶湖をサイクリング

Scene.02

訪れた土地を楽しむのもキャンプの魅力です。
琵琶湖周辺を春風を感じながらサイクリングなどいかがでしょうか。
平坦な道が多くサイクリングにもおすすめです。
地元ならではの場所をハッシュタグ検索したりしてもいいかもしれません。
目的なく走っていておすすめポイントを見つけたりも。

  • Point.01

    琵琶湖周辺はレンタル自転車を取り扱っている駅が多くあります。事前に予約しておけばレンタル自転車でサイクリングを楽しみこともできます。しかも返却を別の駅で行うなどのサービスもあるようです!

  • Point.02

    サイクリングをしていて地元のスポットを発見なんてことも!今回も見たことがある鳥居があると立ち寄ってみたここが【白髭神社】でした。琵琶湖に浮かぶ朱塗りの大鳥居の景色は絶景でした。近年パワースポットとしても有名な神社で多くの人が訪れていました。こういった偶然の発見も旅のポイントですね!

STYLING.02

サイクリング用に持ってきたライトウェイトパッカブルパーカー。手のひらサイズに収納できるので、荷物が多くなってしまうキャンプでも問題なし。 伸縮性抜群のストレッチジャーニーパンツも快適。

女性も着用できるライトウェイトパッカブルパーカーはお揃いで。撥水・速乾効果のあるDWR加工を施しているので、急な小雨がきても安心。キャンプ場に戻って肌寒くなる夜にも兼用できそう。

Hammock

春の風をゆっくり感じる

Scene.03

春の風をゆっくり感じることができるハンモック。
ゆらゆらとゆられながらぼーっとする時間は幸せ以外の何物でもないはず。
会話を楽しむのも景色を楽しむのも心地よい時間になること間違いありません。

  • Point.01

    ハンモックはパッカブルタイプの物を用意しました。
    小型でバックにすっぽり入るサイズです。
    こちらは木につなげるだけなのでビギナーでも簡単に設定できます。
    ※木に撒きつける時には必ず事前に管理者に確認をとりましょう。

  • Point.02

    ゆったりとした時間を過ごすのに欠かせないのはコーヒーですね。
    インスタントでも、手巻きのコーヒーミルなどを用意してもいいかもしれません。 コップはエコの観点でもマイマグカップを用意しましょう。
    チタン製や木製など自分の好みのアイテムを探してみてください。

STYLING.03

こちらもWa Clothファブリックを使用したニットカーディガン。春らしいソリッドなカラーリングのニットがコーディネートのアクセントに。

Wa Clothの機能性はもちろんですが、紙から生まれた繊維は体と環境にやさしい素材です。そんな服だからこそ自然環境の中に溶け込みやすく、楽しいアウトドアライフが送れるはずです。

とじる
カラー
サイズ
在庫
お気に入り
ログイン 閲覧履歴 HISTORY もっと見る
新着アイテム一覧 NEW ITEM ランキング一覧 ITEM RANKING カテゴリ一覧 CATEGORY ショップ一覧 SHOP ブランド一覧 BRAND 特集一覧 FEATURE スタイリング一覧 STYLING ニュース一覧 NEWS
ステータス
在庫の有無
ショップから探す
価格から探す
カテゴリから探す
アイテムから探す
サイズから探す