UR ONLINE STORE

URBAN RESEARCH MEN RECOMMEND ITEM

バイヤー自身のマインドを、より深く反映させたコレクション「BUYER’S RECOMMEND」。
2018A/Wのコレクションの中から一部をピックアップし、アイテムへの思い、アイテムが生まれたストーリー・スタイルを、URBAN RESEARCHメンズバイヤー佐藤が解説。
今という時代の空気を身にまとったアイテム群からは、目が離せない。

二種のフライトジャケットをMIXした、ハイブリッドな一着 RECOMMEND01:ALPHA INDUSTRIES×UR iD

毎シーズン、欠かせないコラボレーションパートナーになっている「ALPHA INDUSTRIES」。今季は「CWU-45Pジャケット」と「G-1ジャケット」のディテールをMIXし、モディファイした形に仕上げました。70'sの45Pジャケットからシルエット出しを行い、フライトポケットの微妙な大きさや、着丈のバランス、ボアの大きさなど数ミリ単位にて調整し、出来上がった一品です。
聞き慣れない「45Pジャケット」ですが、MA-1の後継型として注目を集め、世界的なスケートブランドから、コンテンポラリーな国内のブランドまで、様々なブランドが注目しているアイテムになっています。ボアの着脱をすることで今季のトレンド感や季節感を出すこともできますし、3シーズン対応できる肉感にしています。今季はチェックのパンツやタートルネックなど、トラッドをミックスしたコーディネートがオススメです。

古き良きプレッピースタイルからインスパイア RECOMMEND02:Champion×URpoduct_img

URBAN RESEARCH(以下UR)の今期のキーワードでもある「プレッピー」というコンセプトを用い、バーシティジャケットを別注しました。素材は軽くシワになりにくいナイロンタフタを使用し、アイビーリーグで見られるようなヴィンテージ感のある色味で展開しています。一から型を起こし、ニットやシャツでも合わせられる絶妙なサイズ感にしました。モックネックTEEや、シャツ×ニットベストのレイヤードスタイルと合わせるのがオススメです。
もう1型は、Champion独自開発の「WRAP AIR」という透湿性、保温性、ストレッチ性に特化した素材を使用した、UR別注パンツです。インラインではスウェットパンツ型で展開しているデザインを、トラウザー型に変更し、抜群の穿き心地と美しいテーパードシルエットを持ったパンツに仕上がりました。膝抜けしない耐久性・形状記憶性もあるので、OFFの日にガンガン穿いていただきたいですね。

別注G-SHOCK史上、最大のヒット作をアップグレード RECOMMEND03:CASIO×UR

2017年11月末にリリースして、破竹の勢いで完売したG-SHOCK 別注G-100モデルの2018A/Wバージョンです。
今年のモデルは、フェイス部分やインナーベゼルまでホワイトに仕上げ、長針、短針も同系色のシルバーで統一し、ベルトとケースのブラックと、突き抜けるようなホワイトフェイスのコントラストが抜群の仕上がりになりました。今季トレンドのクラシックなコートや、ツイードのアイテムなどと合わせても負けないように、相反するような都会的デザインです。インナーベゼルまでホワイトにしたG-100は世界初で、スポーティにもクラシックにも合わせられる、これはまさにマスターピースでしょう。

絶妙な色合い、最高の穿き心地を追求したスキニー RECOMMEND04:WHEIR Bobson×UR

URBAN RESEARCHで、発売開始から現在までに、1万本以上をセールスし、未だに売れ続けている、WHEIR BOBSONのスキニーデニム。メンズのデニムでは考えられないくらいのスーパーストレッチを搭載した同品の、チノタイプを一から作り上げました。デニム同様、抜群の穿き心地と、モダール混の生地になっているため、肌触りも抜群です。何度も色出しを行い、製品染めにより絶妙なINK BLACK・BEIGE・OLIVEを出すことができました。付属物のリベットなどは極力目立ちにくい、ミニマムなものを選び、シンプルなデザインを追求。
スキニー党の方には、「これ以上ない」と言わしめる穿き心地と、吸い付くようなタイトなシルエットは、他ブランドでは、まず出せないかと。2色買い、3色買いをしたくなるようなバリュープライスも、このブランドの魅力だと思います。

素材感とダウンの質のみで勝負する潔さが魅力 RECOMMEND05:Yeti

Yetiは、18A/Wシーズンよりリブランドした、デンマークのダウンウェアブランドです。コンセプトは"HYGGE(ヒュッゲ)世界で一番の幸せを"。登山家の夫が冬山で安全に過ごせるように妻が寝袋を手作りしたのが始まりで、高い技術力と家族の安全がキーワードになっている、心がほっこりするブランドです。
Yetiの最大の特徴は、ヨーロッパで飼育された鳥類からのみ採取される最高級品の「クリスタルダウン」。また1000kmの長さの糸がわずか140gという極細糸を使用しているので軽量で、高い耐久性も併せ持っています。
展示会で初めて見て触れた時、パンパンなダウン量と軽さのバランスには非常に驚きました。また、シンプルに素材感やダウンの質で勝負をするブランディングにも非常に好感が持てます。たくさんのブランドがありますが、コストパフォーマンスの高さとクオリティを合わせもった素晴らしいダウンブランドです。

“OUT OF SKATE”をコンセプトにしたドレススニーカー RECOMMEND06:NEW BALANCE×UR 別注AM210

18SSシーズンでも展開していたNEW BALANCE(以下NB)の新鋭モデル「AM210」を、WHITEレザーでミニマムなデザインに別注しました。昔から白スニーカーが大好きで、ヴィンテージの「STAN SMITH」や「GERMAN TRAINER」「COMMON PROJECT」など、数々の名作を履いてきました。「ここのブランドの、ここが良いな」というストロングポイントをNBのフィルターに通し、落とし込んだ一足です。インソールのコンクリートを転写したプリントや、アッパーのグレー部分の微妙な黄味がかった色味など、一目では気付かれないような部分も、こだわりポイントです。スケーターたちがデートやディナーに行く時にセットアップに合わせたり、パートナーとお揃いで履いたり、ON/OFF万能な一足に仕上がっています。

sato yusuke
profile
佐藤 祐輔Sato Yusuke

セールスパーソン、アシスタントバイヤーを経て、2012年よりアーバンリサーチのバイヤーとしてメンズバイイングを担当。国内外の様々なブランドのセレクトをはじめ、Champion、ALPHA INDUSTRIES、MHL.などとの協業によるビッグオーダーから、コアな層に向けた、高感度でニッチな別注アイテムも手掛ける。また国内のデザイナーとのコミュニティブランド「COSEI」と「ZUBON」のディレクションを担当。

とじる
カラー
サイズ
在庫
お気に入り
ログイン 閲覧履歴 HISTORY もっと見る
新着アイテム一覧 NEW ITEM ランキング一覧 ITEM RANKING カテゴリ一覧 CATEGORY ショップ一覧 SHOP ブランド一覧 BRAND 特集一覧 FEATURE スタイリング一覧 STYLING ニュース一覧 NEWS
ステータス
在庫の有無
ショップから探す
価格から探す
カテゴリから探す
アイテムから探す
サイズから探す