2018 SPRING&SUMMER Vol.2

トップスのすゝめ

春を彩る「色」「柄」アイテム

01

イメージ画像

“ストライプ”×
“オーバーサイズ”
今の気分を
欲張った一着。

一瞬にして完売となった昨シーズンのヒット作が新色を加えて再登場。

ランダムピッチが目を引く「ストライプ柄」と、程良い量感の「オーバーサイズシルエット」がこなれた着こなしを演出してくれる一枚。

お手持ちのボトムスに合わせても、今の気分にマッチした新鮮なスタイリングが完成する。

フレンチダウンジャケット

DETAIL

02

イメージ画像

今春もマストの
“カラーフーディ”。

巷を賑わせているプルオーバーフーディをDOORSでは春らしい淡色でご用意。

重ね着しやすいライトな裏毛生地にガーメントダイを施し、絶妙なフェード感を持った爽やかな仕上がりに。
フードには太めのドローストリングをチョイスしてカジュアルさを出しながらも、フロントのカンガルーポケットをなくすことでスタイリッシュさをプラス。

春アウターのインナー使いはもちろん、暖かくなればコーディネートのメインとしても活用できる着込むごとに風合いが増していく一着。

ウールダウンパーカー

DETAIL

03

イメージ画像

DOORSの
定番ファブリック
“ワッフル”は
今期もカタい。

毎シーズン形や色を変えながらリリースし続けている“ワッフル“生地のロンT。

アメリカ・テネシー州産の綿花の持つ程よいハリ感とワッフル素材の肌触りの良さが融合して、今までにない最高の仕上がり。
ドロップショルダーのやや緩めのシルエットやサイドスリットといった今のトレンドを落とし込んだ。

シンプルなロンTにはないワッフル生地の凹凸が、一枚で着ても大人のこなれ感を演出してくれる。

3way Coat

DETAIL

04

イメージ画像

今だから着たい
“バスクシャツ”。

カジュアルテイストがトレンドの'18春夏シーズンに押さえておきたいアイテム「バスクシャツ」。

DOORSでは国産の素材が持つ、ふっくらとしながらもしっかりとした生地感にこだわった。
ベーシックなデザインとシルエットに「Beige」や「Orange」といった今年らしいカラーリングを加えたラインナップ。

合わせるアイテムによって、今っぽくも王道スタイルにも化ける注目のアイテム。

メルトンチェスターコート

DETAIL

05

イメージ画像

今シーズンは
“ギンガムチェック”が
トレンド!

オーソドックスなロングスリーブシャツは、汎用性の高さからワードローブに必ず加えておきたい一着。

すべすべとした肌触り、きめ細かな質感の高品質な“ピマコットン”を使用。

今年のトレンドである「ギンガムチェック」をオンして、贅沢に仕上げた永久定番。

メルトン2wayショートコート

DETAIL

06

イメージ画像

度詰め生地に
トレンドカラーをON。

裏毛のような柔らかなアイテムとは対象的な、がしっとした度詰め生地を用いたプルオーバー。

洗濯を繰り返しても縮みが出にくいので、長期に渡って愛用できる優れもの。
脇にはリブをあしらい、タフな度詰め生地特有の動きにくさをサポートしてくれる。
「Off」「Charcoal」のベーシックカラーに加え、「Orange」「Light Purple」のトンレドカラーをピックアップ。

オーソドックスなカジュアルスタイルはもちろん、チェックパンツやワイドパンツなどのお洒落アイテムとの相性も抜群。

フェイクムートンランチコート

DETAIL