BEST HIT KEYWORDS URBAN RESEARCH MEN 2017-18 WINTER

2017年も終わり、いよいよ本格的な冬が到来した今、知らないとは言えない今冬のトレンドキーワードが出揃った。
メンズ・シーンでの大枠の流れとしてもう何年も注目されている「90’S=90年代」スタイルは、いよいよ90年代後期の様相を見せ始め、30代中盤以上のミドル世代からすれば「え、それって最近の事では..」な時代のスタイルがピックアップされている。
インスタ世代に「写ルンです」がブレイクするんだから、もちろん「写ルンです映え」な当時のファッションもしかり。ユースにはニュー・ウェーブで、ミドルにはバック・イン・ザ・デイズな、2018年的冬スタイルを楽しみましょう。

no.01  TWEED ITEM

TREND CHART

90%
  • style-1
  • style-2

2016年冬にショップスタッフや街のファッションアイコンから再燃し、今期本命だったのがツイードアイテム。その中でも、バルマカーンコートなど、ステンカラーコートの原型となったクラシックアウターを、たっぷりとしたシルエットで着用するのが最もアツい。

detail

Lovat Tweed バルマカーンコート

バーバリーや、アクアスキュータムなどの英ヴィンテージモノでも、ラグランスリーブが暗黙のルール。

other item

OTHER ITEM

TWEED 2B JACKET

ツイードには、カラフルなセーターがよく合う。テーラードジャケットは、2018年は、もっと盛り上がりそうなので、今冬のうちに手に入れておきたい。カジュアル度が高い分、デイリーに取り入れやすく、キメ感が出すぎないのも、良い。

no.02  BOA FLEECE & CORDUROY

TREND CHART

100%
  • style-1
  • style-2

最もストリートを席巻しているのが、ボアフリースとコーデュロイ。ともに90年代中期~後期にトレンドとなったアイテムで、知ってか知らずか、当時のスタイルを踏襲した洒脱者が続出。ジェンダーレスに人気を拡大する二強は、来年も流れが続きそう。

detail

POLARTEC ノーカラーカーディガン

レイヤードにも映える。いわゆるフォトジェニックなアイテムが人気なのはSNS時代の象徴か。

other item

OTHER ITEM

ZUBON Corduroy Wide Trouser

コーデュロイ自体は、毎年必ず登場する王道素材だけど、ワイドウェール(太畝)が人気なのは、本気のトレンドである証明か。色々なアイテムで、色々なカラーが出てる中でも、やっぱり、ブラウン系が本命。

no.03  COACH JACKET

TREND CHART

95%
  • style-1
  • style-2

ポストMA-1として、完全に定着した感があるのは、コーチジャケット。今やオーセンティックなナイロンボディから派生して、ウール素材のものや、チェック柄なんかも人気。スポーツウェアなのに、モードブランドからも続々とリリース中。

detail

PADDED COACH JACKET

中綿を搭載し、真冬対応の防寒性が高いものも、続々登場。シルエットは、ゆったりが基本。

other item

OTHER ITEM

ウールビーバー テーラードコーチジャケット

テーラードラペルを配した変化球。上品なウールビーバーで仕立てた大人顔の一着は、絶対コート主義者にもお勧め。綺麗な素材のアイテムでも、どこかストリート感を出すのが現代的。

no.04  WIDE BOTTOMS

TREND CHART

85%
  • style-1
  • style-2

2014年頃から人気が続くワイドパンツは、今や誰もがコーディネートに取り入れる存在に。今期はグレンチェックや、ガンクラブチェックなど、ブリティッシュ柄が特に人気。さらに、懐かしのバギーデニムにも火が付き、まだまだ先までメインストリームでしょう。

detail

ウールワイドトラウザー

ロングコートの裾からチラ見せでも、存在感抜群。アンクル丈より少し長めが、今期の主流。

other item

OTHER ITEM

DENIM BAGGY PANTS

時代によっては「ダサい」と思われてしまいそうな、シルエットと色も、格好良く見えてしまうのがトレンドの魔法。AIR WALKとか、VANSで合わせて、今しか着れないものを、今取り入れる事こそファッションです。

no.05  DOWN JACKET

TREND CHART

90%
  • style-1
  • style-2

毎年人気のダウンも、この冬は例年以上の盛り上がり。今はフィルパワーなど、内包したダウンの質(反発力)より気になるのは、どんなスペックの高機能ボディ(ファブリック)を使っているのか、どんなデザインなのか。10年着れる質は当たり前の、この時代に選ばれるのはどれ?

detail

NANGA×URiD AURORA 3 LAYER DOWN BLOUSON

ダウンパックは内側に搭載。表面はソリッドなルックスなのに、惜しみない防寒性があるのが、同モデルが不朽の名作と言われる所以か。

other item

OTHER ITEM

Comfort Down Jacket

コラボものじゃなくても、優秀ダウンは見つかる。 ただでさえ、ストレスフリーな着心地なのに、ストレッチ性プラスで最強。無機質なデザインゆえに、普遍的に使える逸品。