2017-18 AUTUMN&WINTER Vol.3

ニットのすゝめ

冬の着こなしを彩るニット達

01

ネップ糸の風合いで
差をつける!

冬の定番である畦編みの
クルーネックニット。

繊維の節が特徴的な“ネップ糸”を
使って編み上げた、
ほっこりとした風合いが、
オーソドックスなアイテムと差を
つけられる一押しポイント。
素材の良さを引き立てる
シンプルなデザインと
洗練されたシルエットで、
カジュアルになりすぎない
洗練された着こなしが可能。

“素材感”がキーワードの今年だから
こそ押さえておきたい一着。

DETAIL

02

“洗えるニット”
ここに見参。

ニットはクリーニング必須で
お手入れが面倒…といった
イメージがありますが、
この“ウォッシャブルニット”なら、
そんなお手入れの悩みも
一気に払拭してくれます。

軽さのある鹿の子編みの
ふっくらとした風合いは
そのままに、自宅の洗濯機で洗って
いただけるという優れもの。

気軽に手に取れる“洗えるニット”を
ワードローブに加えてみては
いかがでしょうか。

DETAIL

03

上質なのに
コスパも最高。
色鮮やかな
タートルネック。

イタリアの老舗紡績メーカー
「LANA GOTTO(ラナ ガット)」の
「Harmony(ハーモニー)」という
糸を用いたタートルネックニット。

上質なメリノウールのみを
原料とし、コーミングから紡績まで
こだわって生産されたニットは、
イタリアらしい鮮やかな色目が
特徴。
そのこだわりからは想像もできない
コストパフォーマンスの良さも
魅力的。

冬のスタイリングに欠かせない、
ハイゲージのタートルネックは、
ジャケットやコートを用いた大人の
着こなしで存在感を発揮します。
色違いで揃えたくなる、
冬にホットなインナーニット。

DETAIL

04

“ケーブル”と
“メランジ”の
最強タッグ。

長い歴史を誇る“ケーブル編み”を、
DOORSが得意とする
“メランジ(杢調)”糸で
アレンジした最強ニット。

イタリア産の杢糸を用いて、
タイのファクトリーで丁寧に
編み上げられたニットは糸の良さが
十分に感じられる仕上がり。

加えて、ケーブル編みと杢糸を
組み合わせたことで生まれた
独特の雰囲気で、
一枚着るだけでも
サマになる主役級ニット。

DETAIL

05

汎用性の高い、
万能ニット。

冬でもコットンニットを着たい
という方におすすめの
「コットン畦プルオーバー」。

綿100%で編み立てられて
いるから、秋・冬・春と使える
シーズンが長いのも嬉しいところ。
オーソドックスな畦編み、
トレンドに左右されない
シルエットとカラーで
永久定番として着られる一着。
ウールのパンツと合わせれば
冬らしく。
薄色のボトムスと合わせれば
春らしく着こなせる。

この冬は、そんな柔軟性のある
万能ニットを一枚は押さえておいて
いただきたい。

DETAIL

06

遊び心溢れる
“パッチワーク”

冬の暗くなりがちな着こなしを、
ぱっと華やかにしてくれるのが、
この“パッチワーク”ニット。

二色の糸と三種類の編み地を
組みわせて、表情豊かな一枚に
仕上がっている。
インナーとしてポイントに
なるのはもちろんのこと、
アウターを脱いでも
オシャレさがキープできるのは、
冬の着こなしの必須ポイント。

本格的なウールアクリルの保温性と
トレンドの“柄ニット”を、
両方取り入れたいという
欲張りな方にこそ
選んでいただきたい一着。

DETAIL

バックナンバー

2017-18 AUTUMN&WINTER

2017 SPRING&SUMMER