TINY GARDEN TABLE ~Taste the seasons~

暖かい日差しが差し込む朝。こんなに天気がいい日には、外での食事が気持ちいい。パンに好きな食材を自由にはさんで、お気に入りのおやつもいっしょに。さあ出かけよう。

国産有機野菜をじっくりと蒸し焼きにし、乳や卵は使わず、植物性の原料のみを使用したクッキー。サクッとした食感に焼き上げました。

見た目もカラフルで可愛いキャンディは昔ながらの製法でひとつひとつ丁寧に時間をかけて作られています。プチギフトにも◎

マヨネーズディップがリニューアル。新鮮な卵の風味を楽しめる“プレーン”はアレンジも自在。塩味のアクセントがほどよい“バーニャカウダ”は、ゆでたまごに和えるのが好相性。“海苔わさび”は磯の風味にわさびの辛さをプラスした、なかなかない組み合わせ。

国産の大根、きゅうり、人参、パプリカを使った鮮やかなミックスピクルス。そのまま料理に添えたり、細かく刻んで彩りのアクセントにどうぞ。

保温と保冷効力、また飲みやすさにもこだわった、シーンを選ばないシンプルなステンレス製真空ボトル。

ペットボトル感覚で使える、軽くて丈夫な水筒。メモリ付きなので、アウトドアシーンで分量を量ったり、シリアル等を入れる保存容器としても。

奈良の特産品である蚊帳生地で仕立てたふきん。一般的なふきんの4倍ほどの大きさなので、「拭く」「包む」「敷く」など様々な用途にどうぞ。

DOORSGROCERYおなじみの健一自然農園の抹茶とほうじ茶を使用したジャムが季節限定で登場。濃厚なみるくにほろ苦いお茶の風味がバランスよく、パンにはもちろんお菓子作りにもおすすめ。

RECIPE 1 たっぷり野菜のサンドイッチ

  • ・TINY GARDEN FOODS マヨネーズディップ〈プレーン〉 …… 適量
  • ・食パン …… 厚切り2枚
  • ・お好みの食材 …… 適量
  • ★今回は、チーズ・トマト・レタス・紫キャベツ・紫たまねぎ・赤パプリカ・黄パプリカ・人参・ハムを使用。アボカドや卵もおすすめ。
  1. 1 食パンにTINY GARDEN FOODSマヨネーズディップ〈プレーン〉をたっぷり塗る。(食パンはトーストしてもOK)
  2. 2 食材を適当な大きさにカット。
    【POINT】野菜はしっかり水気を切り、人参は少し茹でておくと甘みが増します。
  3. 3 具材をのせていく。
    【POINT】切ったときに断面が綺麗になるように真ん中に具材を敷き詰めましょう。こんもりのせても大丈夫なので、欲張ってのせてください!
  4. 4 もう1枚のパンで挟んだら、ラップで包んで固定する。
    【POINT】少し潰すようにしっかり包むことで、サンドイッチが崩れるのを防ぎ、切りやすくなります。
  5. 5 包丁で半分にカットして完成!

RECIPE 2 ポテトとウインナーの海苔わさびマヨ炒め

  • ・TINY GARDEN FOODS マヨネーズディップ〈海苔わさび〉 …… 小さじ2~3杯
  • ・じゃがいも …… 2個
  • ・ウインナー …… 4本
  • ・塩こしょう …… 適量
  1. 1 じゃがいもは皮をむいて食べやすいサイズに、ウインナーは斜めに切る。
  2. 2 切ったじゃがいもは皿に入れラップをかけ、電子レンジで2分ほど温める。
  3. 3 フライパンでじゃがいもとウインナーを中火で炒める。
  4. 4 焼き目がついたら火を止め、TINY GARDEN FOODSマヨネーズディップ〈海苔わさび〉を加え、塩こしょうで味を整えて完成!

STORY あんバタージャム × トースト

この春、URBAN RESEARCH Storeの新しいお店が名古屋にオープン。名古屋といえば様々なご当地グルメがあり、小倉トーストもそのひとつ。そこで、人気のDOORS GROCERYジャムシリーズから、新たなフレーバー『あんバター』を作ることになりました。

まずは、北海道産の小豆を丁寧に煮詰めた、シンプルなあんこジャムの試作からスタート。バターとのバランスにこだわり、何度もサンプルを試食して味を調整していきました。そして、バターのコクと口に入れた時に広がる風味、粒あんに仕上げた小豆の食感も美味しい、贅沢なジャムが完成。小倉トーストはもちろん、これからの季節はバニラアイスに添えるのもおすすめです。

DOORS GROCERY 取扱店舗全店で2017年4月中旬より発売開始予定。トーストと相性バッチリの『北海道あずきのあんバター』、ぜひお試しください。

 

ページのトップへ