Summer Holiday

食べ物がおいしい季節。ひとりより、ふたり。ふたりより、さんにん。さんにんより大勢で、美味しい時間を共有したい。

冷めても甘みを感じる“おにぎり”専用、しっかりしたお米の粒と卵が相性抜群の“たまごかけ”専用、ルーが絡みやすくさっぱりした“カレー”専用の3種類。2合300gの食べきりサイズで、ご自宅用にもプレゼントにも喜ばれる一品。

  • たまごかけご飯用国産米 /¥626 (tax incl.) DETAIL
  • おにぎり用国産米 /¥626 (tax incl.) DETAIL
  • カレー用国産米 /¥626 (tax incl.) DETAIL

希少な国内産の原料のみを使用し、10種類の雑穀をバランスよくブレンドした雑穀米。専属のスタッフが目視と手作業で丁寧に選定作業を行うことで食感の良い雑穀米に仕上げました。

  • 国産 十種の雑穀 /¥972 (tax incl.) DETAIL

職人が作り続ける鰹節を甘辛く炊き上げ、味噌で和えたシンプルな味。ピリッとした神楽南蛮の辛味と食感にご飯がすすみます。野菜のディップやチーズと合わせておつまみとしても。

  • 静岡の神楽南蛮と田子節みそ /¥864 (tax incl.) DETAIL

化学調味料・保存料無添加のだし。万能だしは、鹿児島産の鰹節・宗田鰹節、長崎産焼きあご、北海道産真昆布など希少な国産原料を使用。国産の玉ねぎ・人参・にんにく・セロリを配合し、甘みと旨味たっぷりの野菜だしも。どちらも手軽なティーパックタイプです。

  • 万能だし /¥864 (tax incl.) DETAIL
  • 野菜だし /¥1,134 (tax incl.) DETAIL

有機栽培で育てられた鹿児島産のさつま芋を丁寧にペーストし、なめらかでしっとりした食感に仕上げました。品種によって特徴の違う、素材の美味しさをそのまま詰め込んだ手作り野菜ジャムです。

  • 鹿児島のさつま芋 /¥864 (tax incl.) DETAIL
  • 鹿児島のむらさき芋 /¥864 (tax incl.) DETAIL
  • 鹿児島の安納芋 /¥864 (tax incl.) DETAIL

サラダ以外にも使える、万能ドレッシング。ごまだれは、ごまをたっぷりと使用し、香ばしさが食欲をそそります。トマトとハチミツはトマトの酸味とハチミツの甘味がマッチした、まろやかでクリーミーなサウザンドレッシング。青じそとたまねぎは国産の青じそとすりおろしたたまねぎを合わせ柑橘もほんのり香るノンオイルドレッシング。

  • トマトとハチミツのドレッシング /¥702 (tax incl.) DETAIL
  • ごまだれ /¥702 (tax incl.) DETAIL
  • 青じそとたまねぎのドレッシング /¥702 (tax incl.) DETAIL

厳選された国産の野菜・果物とたっぷりの香辛料を煮込み、3年以上長期間熟成され出来たウスターソース。赤ワインや米酢、米黒酢を使用し、かけるだけでお料理がワンランクアップする華やかな香りと深い味わいを楽しめます。

  • SAUCE /¥864 (tax incl.) DETAIL

RECIPE だし香る五目おにぎり

  • ・DOORS GROCERY おにぎり用国産米 …… 1パック
  • ・DOORS GROCERY 万能だし …… 1パック
  • ・水 …… 500ml
  • ・しめじ …… 50g
  • ・人参 …… 1/4本
  • ・ごぼう …… 1/4本
  • ・こんにゃく …… 1/4枚
  • ・油あげ …… 1/2枚
  • ・薄口醤油 …… 大さじ2と1/2
  • ・みりん …… 大さじ2と1/2
  • ★長谷園 かまどさん(店舗のみ取り扱い)
  1. 1 米を研いで30分~1時間浸水させる。その後、ザルでしっかり水切りしておく。
  2. 2 しめじは、石づきを落とし、手で小房に分ける。人参は5〜6mm角の角切りにし、ごぼうはささがきにして水にさらしておく。油あげとこんにゃくは短冊切りに。
  3. 3 鍋に水と〈万能だし〉を入れ火にかけ、沸騰後、中火で5分煮出し、だしパックを取り出す。
  4. 4 研いで水切りした米、「3」のだし汁を〈かまどさん〉に入れる。
  5. 5 「4」に薄口醤油、みりんを入れ軽く混ぜる。そこへ2の具材を入れる。
  6. 6 〈かまどさん〉を火にかけ、中強火で10~20分炊く。〈かまどさん〉の上ぶたの穴から、蒸気が勢いよく吹き出し始めたら、火を止める目安。
  7. 7 火を止め、そのまま20分蒸らす。
  8. 8 蒸らした後、混ぜ合わせておにぎりにする。

STORY 和歌山で育った味

和歌山県海南市、賀茂川の下流付近にある青いトタン屋根。みかん倉庫を改装したその建物が、大谷夫妻の営む『FROM FARM』です。

家のすぐ隣にみかん畑がある、山々に囲まれたのどかな町。その土地で栽培された不知火(しらぬい)やキウイ、柿を40℃以下の低温でゆっくりと乾燥させ、素材の美味しさをギュッと閉じ込めたドライフルーツに加工。『和歌山で和歌山産の農産物』をテーマに、ひとつひとつ丁寧に手づくりされています。和歌山はフルーツだけでなく、実は『ぶどう山椒』という種類の山椒の栽培が盛んな土地。この山椒を使ったミックスナッツは、ローストしたメープルナッツの香ばしさと甘み、爽やかな香りとピリッとした刺激が癖になる美味しさです。

今、この町で農業を営んでいる方は60代、70代が過半数を占めるそうです。彼らが引退した後、誰が畑を作るのでしょうか。

しかし、若い生産者の方も和歌山の美味しい農産物を届けようと活動されています。大谷さんもその一人。農産物に携わるようになったのも、元々お父さんが花農家をされていて、地元に戻ってきたことがきっかけ。

日本では珍しいアボカド農家さんや、住宅街に美味しいコーヒーが飲める焙煎所があったり、若手の方々が意欲的に活動している和歌山は、今後、要注目です。

ここでご紹介したドライフルーツやミックスナッツは、この秋からTINY GARDEN FOODSルクアイーレ店でも販売予定。ぜひ和歌山の美味しさを味わってみてください。

 

ページのトップへ