UR ONLINE STORE
バタフライスツールという名だけあって、蝶の羽のような見事な曲線が特徴。
お湯に浸し柔らかくした塩ビシートを柳自身の手によって生み出されたカタチを「木で製作したい」と言う 要望から産まれたもので、これを実現するには「成形合板」の技術でしか造り得ない逸品です。
天板だけでなく、脚部分の木目も左右対称となっているこだわり。 柳宗理の美学が見て取れます。
別売りのクッションをセッティングするとまた違った印象に。
こちらの商品はクーポン除外商品となります。

天童木工 バタフライスツール

51,700 円 (税込)
一部決済方法でキャッシュレス5%還元

※このアイテムは返品対象外商品です。

午後1時までのご注文で最短当日中に発送いたします。 ※詳細

カラー
サイズ
在庫
店舗取置
店舗通販
お気に入り

ローズウッド

在庫確認 返品特約について
日本の工業デザインの礎を築いたデザイナー・柳宗理によってデザインされ、1956年に発表されたジャパニーズデザインのアイコン的家具。
柳氏のイマジネーションと、天童木工の技術が出会ったことで、この美しいスツールが誕生しました。
ルーブル美術館やニューヨーク近代美術館など、世界各地の美術館にコレクションされているデザイン史の傑作です。
同じ形の2枚の成形合板を真鍮金具でジョイントしたシンプルな構造。個性的なフォルムですが、多様なスタイルのインテリアに合わせられます。
合板そのものは7ミリという薄さで、変形を防ぎながら成型合板の強さを引き出すために、内部のブナ単板の木目方向は、1枚ずつ変えて重ね合わせられています。
また、2枚の成形合板が互いに支え合う姿から、結婚のお祝いの品として選ばれることもあります。

柳 宗理
1915年東京生まれ。
東京美術学校(現・東京芸術大学)を卒業後、1942年に坂倉準三建築研究所に入社。1950年に財団法人柳工業デザイン研究所を設立する。
その後バタフライスツールの原型をデザインし、それから数年間の研究開発を経て、1956年に銀座・松屋で開催された柳工業デザイン研究会展で発表された。1958年には、バタフライスツールがニューヨーク近代美術館のパーマネントコレクションに選定されている。
1977年父である柳宗悦氏が設立した日本民藝館の館長に就任。2002年には文化功労賞を受賞。

※自然の素材は1点1点表情が異なるため、木材の表情をお選びいただく事は出来かねます。
また、木材の表情によるご返品・ご交換は承っておりません。あらかじめご了承ください。
タイプ
カテゴリ
素材
本体 : ローズウッド板目(ST色)
原産国
日本
ギフト
ラッピング不可
品番
S-0521RW-ST
奥行
高さ
座面の高さ
FREE
42.5cm
31cm
38.7cm
34cm
レビュー
レビューを書く

※レビューは、個人の主観による感想・体験によるもので、商品の効果や性能を保証するものではありません。

※色、サイズ、価格、旧モデルなど、掲載している内容と異なる商品のレビューも含まれます。

コーディネートで使用している商品
チェアランキング
カートへ入れる

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

この商品をチェックした人へのおすすめ特集

ログイン 閲覧履歴 HISTORY もっと見る
新着アイテム一覧 NEW ITEM ランキング一覧 ITEM RANKING カテゴリ一覧 CATEGORY ショップ一覧 SHOP ブランド一覧 BRAND 特集一覧 FEATURE スタイリング一覧 STYLING ニュース一覧 NEWS
ステータス
在庫の有無
ショップから探す
価格から探す
カテゴリから探す
アイテムから探す
サイズから探す